自立した人生に向けて・・・

2011-02-06 投稿

人生を変える1台の車・・・

1997年4月のことです。
当時わたしは、東京にあるトヨタ系の自動車販売店で新車販売の営業マンをしていました。
そんなある日、仲の良い先輩がわたしに声をかけてきました。

   先輩 : 「今度の日曜日、時間あるか?」

 自分 : 「はっ? 何かあるんですか?」

 先輩 : 「すごい車があるんだよ、見に行かない?」

 自分 : 「すごい車ですか・・・?」

 先輩 : 「いや、人生が変わるかもしれない車、見たくない?」

 自分 : 「えっ!人生が変わる車ってどんな車ですか?」

 先輩 : 「詳しい事は、言えないよ、当日来ればわかるから」

 自分 : 「わかりました、行きますよ」

 先輩 : 「よし、決まり、じゃあ、日曜日の午前9時に場所は、池袋の○×自動車教習所に集合!」

 自分 : 「はい!」

この時はまだ、本当に、わたしの人生が変わる車と出会う事になるとは、思っていませんでした・・・

 

こんな車があったなんて・・・

当日、約束の時間より少し早めに行くと、先輩はすでに来ていて、隣にはアメリカ製のミニバンがとまっていました。

 自分 : 「おはようございます、これが例の人生が変わる車ですか?」

 先輩 : 「おっ、おはよう! そう、この車だよ」

 自分 : 「普通の車ですよね?」

 先輩 : 「まぁ、見てなって」

先輩は、すかさずリモコンでスライドドアを開けながら車の説明を始めました。

 先輩 : 「このリモコンでスライドドアを開けて、次に別のボタンを押すとほら、スロープが出てくるよ。車内を覗いてみて」

言われたとおり、車内を覗くとなんと、運転席がないのです!

 自分 : 「先輩!もしかしてこの車は・・・」

 先輩 : 「そう、この車で車いすのユーザーが介助なしで、自分ひとりで、すきな時に、すきな場所へ行けるんだ。

       それも、車いすから運転席へ乗り移る必要がないんだよ。そして横にある

       手動運転装置(ジョイスティック)でアクセルブレーキ、ハンドル操作を行うんだよ。」

 自分 : 「こんな車があったなんて・・・、じゃあこの車で、仕事にも行けるし、買い物、旅行

       ドライブ、デートにも行けますよね!」

 

キラキラした笑顔が忘れられない・・・

しばらくすると、この車の試乗をするために、何人もの車いすユーザーの方々が家族や、友達と一緒に車のところへ集まってきました。

そうです、今日は、この車の試乗会だったんです。

この時、車の説明を聞いて試乗をする車いすユーザーの人たちの笑顔・・・

そう、希望に満ち溢れた、キラキラした笑顔を見てしまったのです。

その笑顔を見た瞬間!頭のてっぺんに衝撃がはしりました。

まさにカミナリに撃たれたような衝撃でした。

わたしは思いました、将来必ずや福祉車両を世の中に広めたい!いや、必ず広めよう!

そして、ひとりでも多くのキラキラした笑顔が見たいと・・・

私はこの出来事がきっかけで、福祉車両の仕事を始めました!

 

想像してみてください・・・

足をつかわずに、上半身だけで運転できる。
シートが出てきて、楽に乗り降りできる。
車いすにのったまま出かけられる。
そんな願いを叶え、家族みんなの笑顔もはこんでくる。

それが福祉車両なんです。

仕事、ドライブ、買物、旅行、デート・・・
さあ、みなさん、出かけましょう!

笑顔大好き人間
曲山安宏(マガリヤマ ヤスヒロ)

               ↑

その時のクルマ ジョイバン です ♪